平成28年度同窓会・懇親会

日  時 : 平成28年8月14日(日)午後3時~
場  所 : ホテルアソシア豊橋(豊橋駅)
式次第 : 定期総会(小坂井高校同窓会会長より)
懇親会(実行委員会あいさつ・記念写真等)
平成28年度同窓会・懇親会 全体記念写真
【写真:全体記念写真】

思い出のショット

  • 歓談風景♪①
    歓談風景♪
  • 歓談風景♪②
    歓談風景♪
  • 歓談風景♪③
    歓談風景♪
  • 歓談風景♪④
    歓談風景♪
  • 恩師へ花束贈呈&あいさつ①
    恩師へ花束贈呈&あいさつ
  • 恩師へ花束贈呈&あいさつ②
    恩師へ花束贈呈&あいさつ
  • 恩師へ花束贈呈&あいさつ③
    恩師へ花束贈呈&あいさつ
  • 21回生 理事のみなさん!
    21回生 理事のみなさん!

感想文

こんにちは。
小坂井高校21回生の杉浦大西洋です。
今回、年のはじめに偶然出会った同級生に同窓会のことを聞き、理事代行という形で、参加させていただきました。
同窓会といっても、高校を卒業してから17年も過ぎています。
住所が変わっている人や、連絡が取れない人、苗字が変わってる人もたくさんいます。
そんななかでも、各クラスの理事さんたちが四苦八苦しながらも奔走してくれ、同窓会当日を迎えることになりました。
ドキドキしながら会場のホテルアソシアに向かうと、ここ何か月かですっかり顔なじみになった理事のみんなが。
そして、受付がはじまると、ぞくぞくと懐かしい顔ぶれに会うことができました。
再会するのは高校卒業以来くらいなのに、まったく変わっていない子や、おなかのでっぱりがすっかりお父さんな貫禄の男の子や、なかにはそっくりな子どもを連れてきてくれた女の子もいました。
懐かしい顔ぶれには、会うだけでうれしい気持ちにさせてくれましたし、高校を卒業してからはそれぞれの場所でそれぞれちがう時間を生きてきたわけですが、それでも高校時代の三年間をともに過ごしたというのは特別なものなんだなぁ、と改めて感じた時間でもありました。
先生たちは、今も変わらずじぶんたちの先生のままで、高校時代に築いた師弟関係というのは、ずーっと変わらないものだなぁ、なんてことも思いました。
みんなとそれぞれ話したいから、時間が過ぎるのはあっという間で、また、こういう時間を持てたらうれしいね、なんて言葉でお別れしました。
人に会うのはお風呂に入るのと一緒、なんて言われることがあります。
お風呂って、入るまではちょっと面倒くさいんだけど、入ったあとに後悔することは少ないです。
人に会うのも一緒で、同窓生に会うのも、最初は緊張するし、なに話していいかわかんないし、行こうかどうか迷ったりもするのですが、僕自身、同級生のみんなに会えて、じぶんが高校時代の思い出をこんなにも大切にしてたんだなぁ、なんて気が付きましたし、なにかと忙しない毎日に、たくさんの元気ももらえました。
こんなうれしい機会をつくってくれた小坂井高校に、人集めに奔走してくれた理事のみんなに、そして忙しいなか時間をつくって参加してくれた先生方や同級生のみんなに、感謝です。
みんなと同じ時代、同じ高校に通えたことは、僕の人生の宝物です。
ありがと、またね。

杉浦大西洋

今回、この会を開催するにあたり同窓会会長はじめ、理事や準備を手伝ってくれた同級生の皆様に感謝申し上げます。 年末に同窓会の手紙が届き、それから皆様の素晴らしい協力があってこの日を迎える事ができました。 当日は受付を担当させて頂き、参加者全員の顔を見る事ができました。 始めは久しぶりに会う同級生に緊張もしましたが、段々と慣れ、たくさんの人に囲まれ緊張もとれていきました。 懇親会では、卒業式ぶりに再会した友達と話し昔話や近況報告に花が咲きました。 恩師の先生方からも懐かしいお話や近況報告などを話して頂けました。 学生の頃は、先生は特別な存在に思っていましたが、先生方のお話を聞いて現在の私たちの年齢とそこまで違わない事を知りびっくりしました。 あの頃の先生方や今でも色んな事に挑戦している先生方と自分と比較して、自分も「もっと頑張ろう」と、とても良い刺激を受けました。 同じ高校を卒業し、17年それぞれ違う道を歩んできたけれど、少し話せば高校の頃に戻れる仲間って本当に良いものだなと思いました。 今回参加できなかった同級生もまたいつかこんな風に会えたらいいなと思います。 

菅沼布沙子